近江鉄道「蒲生新駅」東近江市が調査費計上 医療施設へのアクセス改善



近江鉄道の列車。【画像:735design/写真AC】

滋賀県の東近江市は、蒲生新駅(仮称)の調査費(500万円)を含む本年度2021年度一般会計補正予算案を市議会6月定例会に提出した。

蒲生新駅は近江鉄道の本線(水口・蒲生野線)の桜川~朝日大塚間に設けることが想定されている新駅の構想。近くには蒲生医療センターがあり、がん診療棟が8月に開設される予定だ。現在の医療センターの最寄り駅は桜川駅で、同駅から徒歩15分程度かかる。

蒲生医療センターは近江鉄道の桜川駅から南へ約500mの場所にある。【画像:国土地理院地図、加工:鉄道プレスネット編集部】

東近江市の小椋正清市長は3月5日の市議会で、新駅の設置について「近江鉄道線の利用者増と地域の利便性向上に資する大変興味深い提案」とし、「実現の可能性や課題について検討を進めていきたい」と答弁していた。

《関連記事》
近江鉄道300形8月1日デビュー ヘッドマーク掲出、旧豊郷小でグッズ販売も
西武鉄道の社長に近江鉄道の喜多村社長が就任
JR京都線・島本~高槻間の新駅整備で検討を深度化 高槻市2020年度の市政運営方針
姫路モノレール「代替新駅」認可 山陽本線・姫路~英賀保間、5年後の開業目指す
京葉線「幕張新駅」開業時の駅名を一般募集 再び「応募数では決めない」方式