広島電鉄「車庫公開」小学生限定で開催 運転席の記念撮影やクイズも

広島電鉄は11月6・13日の計2日、小学生を対象とした車庫見学会「色んな電車がみられる!ひろでん車庫見学」を千田車庫(広島市中区)で開催する。

2016年に一般公開されたときの千田車庫。【撮影:草町義和】

開催時間は各日10~11時。車庫の一部エリア内を見学、撮影でき、エリア内の指定した車両の車内にも入れる。通常は立入禁止の運転席で記念撮影できるほか、係員が運転操作の説明などを行う。広島電鉄の電車にまつわるクイズを出題し、正解した小学生にはグッズをプレゼントする。

参加できるのは小学生とその保護者で、1組の最大人数は大人2人、小学生3人まで。各日20人程度の定員制で、料金は1人につき500円。申込みは広島電鉄のウェブサイトで受け付けている。締切は10月25日13時。

《関連記事》
広島電鉄で「ワンマン神戸市電」復活 移籍50周年企画、ヘッドマークの掲出も
広島駅「路面電車が乗り入れる駅ビル」広場のデザイン決定 「雁木」採り入れる