東北新幹線の全線再開「4月20日前後」に 運休区間あすから郡山~一ノ関に縮小

JR東日本は3月21日、地震の影響で運転を見合わせている東北新幹線・那須塩原~盛岡間について、あす3月22日から順次再開する計画を発表した。全線再開は4月20日前後にになる見込み。

東北新幹線の郡山駅。【画像:Saffron/写真AC】

同社の計画によると、まず3月22日に那須塩原~郡山間と一ノ関~盛岡間の運転を再開し、臨時ダイヤで運行。東京~郡山・一ノ関~盛岡・盛岡~新青森の各区間で折り返し運転を行う。北海道新幹線・新青森~新函館北斗と山形新幹線・福島~新庄間、秋田新幹線・盛岡~秋田間も東北新幹線との直通運転は行わず、各線内での折り返し運転を行う。

残る郡山~一ノ関間は、まず4月2日頃に郡山~福島間の運転を再開。4月4日頃には仙台~一ノ関間の運転再開を計画している。「やまびこ223号」が脱線した区間を含む全線の運転再開は、4月20日前後を目指して工事を進めるという。

3月21日までと3月22日以降の運転計画。【画像:JR東日本】

東北新幹線は3月16日に福島県沖で発生した地震の影響で甚大な被害が発生。JR東日本によると、3月21日13時時点で約1000カ所の被害が判明している。79本の電柱に被害が発生し、2カ所で架線が断線。架線器具なども約550カ所で損傷した。土木設備は約60カ所で被害が発生しており、軌道のゆがみや損傷も約300カ所で確認されている。駅設備は約10カ所で被害が発生した。

《関連記事》
東北新幹線の全線再開めど立たず 在来線・航空・バスで迂回ルートを確保
西九州新幹線・大村車両基地「内部」公開、N700Sも 独立路線、法定検査どうする?