烏山駅の発車メロディ「山あげ祭」のお囃子に

LINEで送る
Pocket

JR東日本の大宮支社は3月6日、烏山線の終点・烏山駅(栃木県那須烏山市)の発車メロディを「山あげ祭」のお囃子(はやし)に変更すると発表した。

烏山の山あげ祭。【画像:JR東日本】

3月14日から7月26日までの期間限定。山あげ祭の際、屋台(山車)の移動中に演奏されるお囃子「新囃子」の一部を発車メロディとして使用する。実際に山あげ祭が行われるのは7月24~26日の3日間。

烏山線は東北本線の宝積寺駅(栃木県高根沢町)と烏山駅を結ぶ20.4kmの鉄道路線。列車の多くは東北本線に乗り入れて宇都宮駅を発着している。烏山の山あげ祭は八雲神社例大祭の奉納行事で、期間中は仮設舞台装置を使って町中を巡行し、歌舞伎や神楽などを披露する。

烏山線の普通列車。【撮影:草町義和】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る