新大阪駅の新幹線ホームに「国内最長」ホームドア 26番線に設置

LINEで送る
Pocket

JR東海は新幹線の列車が発着する新大阪駅の26番線ホームにホームドアを設置。12月5日の始発列車から使用を始めた。

片側約5m、全長約10mのホームドア。【画像:JR東海】

このホームドアは、開口部の幅が約10m(片側約5mのドア2枚による両開き)ある「大開口可動柵」。開口部のドアに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用し、強度を保ちつつ軽量化を図っている。車輪がない片持ち構造のホームドアとしては国内最長という。

新大阪駅の新幹線ホーム(20~26番線)は、東海道新幹線と山陽新幹線を走る16両編成の列車のほか、山陽新幹線と九州新幹線を走る8両編成の列車も発着。編成によってドアの位置が異なることから、開口部の広いホームドアを開発し、2018年度から26番線ホームで設置工事が進められてきた。

今後は20~25番線ホームでも工事が進められ、2022年度までに設置が完了する予定だ。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る