みなとみらい線の元町・中華街駅にホームドア 3月28日から使用開始

みなとみらい線の元町・中華街駅(横浜市中区)で3月28日から、ホームドアの使用が始まる。同線のホームドア未整備駅は、これで一つだけになる。

元町・中華街駅のホームドア。【画像:横浜高速鉄道】

みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道によると、ホームドアは戸袋部とドア部に強化ガラスを使用。ドアが開いたときの開口幅は2480mmだ。戸袋部には縦32インチのデジタルサイネージも設置される。

みなとみらい線は横浜~元町・中華街間4.1kmを結ぶ鉄道路線で、横浜高速鉄道が運営。東急電鉄の東横線との相互直通運転を行っている。

元町・中華街駅のホームドアが稼働すると、ホームドア未整備の駅は新高島駅(横浜市西区)だけに。横浜高速鉄道は同駅についても2020年度中にホームドアを整備するとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る