新京成電鉄の松戸新田駅「仮駅舎」1月15日から 建替工事、9月まで

新京成電鉄は1月15日の始発から新京成線・松戸新田駅の仮駅舎の使用を始める。駅舎の建替工事に伴うもの。

新京成線の列車。【撮影:草町義和】

松戸新田駅は相対式ホーム2面2線の構造で、各ホームに駅舎が設けられている。仮駅舎は1番線ホーム(津田沼方面)側の北口に設けられ、これに伴い現在の北口駅舎は閉鎖。建替工事が本格化する。工事の予定期間は9月まで。2番線ホーム側(松戸方面)の南口駅舎は従来通りで変更はない。

松戸新田駅の仮駅舎使用開始に伴う案内。【画像:新京成電鉄】

松戸新田駅は1955年に開業。当初は1番線ホーム側のみ駅舎が設置されていたが、2007年に2番ホーム側にも駅舎が整備された。

《関連記事》
新京成電鉄の駅にタクシー呼び出しの専用電話 一目で分かる「工夫」も
新京成電鉄「くぬぎ山のタヌキ」8000形が引退 最後の編成は旧塗装の復元車