天竜浜名湖鉄道「エヴァ」初号機を運行 「第3村」モデル、遠鉄も2・8号機

天竜浜名湖鉄道は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とのコラボ企画として「エヴァンゲリオン ラッピング列車」を運行する。

天竜浜名湖鉄道「エヴァンゲリオン ラッピング列車」のイメージ。初号機をモチーフにしている。【画像:天竜浜名湖鉄道】

車体には『エヴァンゲリオン』に登場するロボット兵器「エヴァンゲリオン」の初号機などが描かれている。まず11月17日、天竜二俣~西鹿島間の臨時列車としてラッピング列車が運行される。運行時刻は天竜二俣11時00分→西鹿島11時04分、西鹿島11時18分→天竜二俣11時22分。

当日は浜松市の副市長らが出席する出発式が天竜二俣駅で行われるほか、同駅に隣接する車両基地での転車台実演をラッピング列車で行う。定期列車でのラッピング列車の運行開始は11月19日の予定だ。

これに伴い、記念切符(1日フリー切符、1430円)も発売。天竜二俣駅の駅名は11月17日から来年2022年1月31日までのあいだ、「第3村」の駅名表記を副駅名として使用する。

西鹿島駅で天竜浜名湖鉄道と連絡している遠州鉄道も『エヴァンゲリオン』とのコラボ企画を11月8日から始めており、新浜松駅の駅名表記を「シン・ハママツ」にしたほか、「エヴァンゲリオン」の2号機と8号機を描いたラッピング列車を導入した。

遠州鉄道のラッピング列車は2号機と8号機のイメージでデザインされた。【画像:遠州鉄道】

遠州鉄道のラッピング列車は11月16日まで新浜松駅で展示し、11月17日から運行を開始する予定だ。11月17日は11時04~18分のあいだ、西鹿島駅に停車。同駅で天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道のラッピング列車がそろう姿を見られる。

「第3村」のモデルになった天竜二俣駅の車両基地。転車台などがある。【撮影:草町義和】
転車台と扇形の車庫。【撮影:草町義和】

天竜二俣駅と同駅に隣接する車両基地は戦前に建造され、施設の多くは登録有形文化財や近代化産業遺産に登録、認定されている。『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場アニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』では、天竜二俣駅と車両基地をモデルにした「第3村」が登場。全地球規模の大災害から逃れた避難民が住む集落として描かれている。

《関連記事》
静岡の地酒「幻の鉄道トンネル」で熟成、クラファンで販売 天竜川沿いの未成線
天竜浜名湖鉄道「転車台&鉄道歴史館見学ツアー」再開 天竜二俣駅隣接の車両基地