上海地下鉄に「弱冷房車」登場 11路線に試験導入



上海地下鉄の10号線。【画像:DCInfo/CC BY-SA 4.0】

中国の上海地鉄(上海地下鉄)は8月8日、「弱冷房車」を試験的に導入した。上海地下鉄は乗客によって温度に対する感度が異なるとし、温度に対するさまざまなニーズに対応するため弱冷房車を導入したとしている

導入路線は3号線・4号線・5号線・10号線・11号線・12号線・13号線・15号線・16号線・17号線・18号線の11路線。編成両端の先頭車を弱冷房車とし、空調の設定温度をほかの車両より2度前後高くした。

《関連記事》
中国・広州地下鉄に最高速度160km/hの車両 今年開業予定の新線に導入
中車株機の欧州向け「2階建て高速車両」完成 最高速度200km/h、5カ国で運用