京成電鉄が3100形の記念切符発売 座席を折りたたんで荷物置ける新型の鉄道車両

京成電鉄は、この秋に成田スカイアクセス(京成成田空港線)で営業運転を開始する新型電車3100形の記念切符「3100形デビュー記念乗車券」を10月12日から発売する。発売額は1000円。

京成3100形のデビュー記念切符(裏面)。【画像:京成電鉄】

交通系ICカードなどを入れることができるオリジナルデザインのパスケースが付く。発売枚数は形式名にちなんで3100部。10月12日から2020年1月31日まで発売される予定だが、売り切れ次第販売を終了する。

京成3100形のデビュー記念切符(表面)。【画像:京成電鉄】
オリジナルデザインのパスケースも付く。【画像:京成電鉄】

3100形は2019年度に16両(8両編成2本)が導入される予定の新型車両。2020年度以降も継続して導入される。座席の一部が折りたたみ式で、折りたたむとスーツケースなどを置けるようにしているのが特徴。通勤輸送と空港アクセス輸送の両方に対応する。

関連記事

ページ上部へ戻る