都営浅草線「QRホームドア」まず新橋駅から 低コストで鉄道車両の異なるドア数に対応

東京都交通局は10月3日、都営浅草線の新橋駅で整備を進めていたホームドアを10月5日の始発から使用開始すると発表した。QRコードを使ってドアを開閉する。

都営浅草線の新橋駅に整備されたホームドア。【画像:東京都交通局】

車両のドアに貼り付けられたQRコードを、ホーム上に設置したカメラで読み取る。これにより、編成の車両数やドア数などの情報、車両の動きを検知。車両ドアの開閉に合わせてホームドアの開閉を行う。

都営浅草線は京成電鉄や京急電鉄など、複数の鉄道事業者による相互直通運転が行われており、車両数やドア数が異なる編成が混在している。従来の方式でホームドアを導入すると各社局の車両の改修が必要で、費用と時間がかかるという問題があった。

交通局によると、QRコードを使ったドア開閉連動技術を採用することで車両の改修が不要になったという。

QRコードが車両のドアに貼り付けられている。【画像:東京都交通局】
車両ドアのQRコードをホーム上のカメラが読み取る。【画像:東京都交通局】

交通局は今後、11月上旬から2020年2月上旬にかけ、大門、三田、泉岳寺の3駅でもホームドアの使用を開始する予定。2023年度までに交通局が管理している都営浅草線の全駅にホームドアを設置する計画だ。

関連記事

ページ上部へ戻る