つくばエクスプレスの新型車両「TX-3000系」まもなく納入



常磐新線(つくばエクスプレス)を運営する首都圏新都市鉄道のTX-3000系の最初の編成が、まもなく完成する。9月21日には日立製作所の工場(山口県下松市)を出発し、数日後には首都圏新都市鉄道の車両基地に到着するとみられる。

つくばエクスプレスに導入されるTX-3000系のイメージ。【画像:首都圏新都市鉄道】

輸送計画ではTX-3000系は9月21日の13時20分ごろ、山陽本線の下松駅を出発。JR貨物の機関車にひかれて山陽本線と東海道本線を東に進む。9月23日の未明0時30分ごろには、武蔵野線の越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)に到着する予定だ。