相鉄線から新宿まで前面展望動画 相鉄・JR直通線の開業に向け「都心直結」アピール



相鉄(相模鉄道)の二俣川駅(横浜市旭区)から東京都心のJR新宿駅まで直通する列車の前面展望動画が10月2日(水)、公開された。

相鉄線~JR新宿駅の直通列車で使われる12000系。【画像:相鉄ホールディングス】

公開したのは、相鉄グループの中核企業・相鉄ホールディングス。相鉄線とJR線の直通列車は現在運転されていないが、11月30日(土)に相鉄の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)を結ぶ新線「相鉄・JR直通線」が開業する予定。羽沢横浜国大駅の先でJR東海道本線の貨物支線(羽沢線)に接続し、相鉄線からJR線経由で東京都心に乗り入れる列車の運行が可能になる。

現在は直通運転の開始に向け試運転が行われている。今回公開された動画は、試運転列車が9月2日に初めて新宿駅に乗り入れた際、撮影されたもの。二俣川駅から新宿駅に乗り入れるまで最速44分の行程を早送りして、約4分の動画にまとめた。相鉄グループのユーチューブ公式チャンネルなどで見られる。

前面展望動画のワンシーン。【画像:相鉄ホールディングス】

直通列車は1日46往復運転される計画。相鉄線と新宿駅を結ぶ列車が中心だが、一部の列車は埼玉県の大宮方面まで運転される。相鉄グループは前面展望動画の公開などにより、直通列車や相鉄線エリアの認知度向上や利用者の誘致を目指す。