「滝沢市×IGR」ラッピング車と同じデザインの自販機、滝沢駅に設置

ラッピング車のデザインを採り入れた自動販売機のイメージ(左から左側面・正面・右側面)。滝沢駅に設置される。【画像:IGRいわて銀河鉄道】

IGRいわて銀河鉄道は6月17日、滝沢駅に「滝沢市×IGRコラボラッピング自動販売機」を設置する。

自動販売機会社のミチノク(岩手県奥州市)が導入するもので、「滝沢市×IGRラッピング車両」と同じデザインを使って装飾。滝沢駅の待合室に設置される。

ラッピング車両はIGR7000系電車の2両編成1本を装飾したもの。滝沢市キャラクター「ちゃぐぽん」とIGRイメージキャラクター「ぎんがくん」「きらりちゃん」を中心としたイラストが描かれている。3月に運行を開始した。

3月から運行されている「滝沢市×IGR」ラッピング車両(東側~八戸寄り先頭部)。【画像:IGRいわて銀河鉄道】

《関連記事》
IGRいわて銀河鉄道「1編成で二つ」のラッピング車 「チャグチャグ馬コ」などデザイン
IGRいわて銀河鉄道×滝沢市「ラッピング車」運転記念で駅名標を変更 記念切符も発売
叡山電鉄『きんいろモザイク』映画化でコラボ ラッピング車の運行など
会津鉄道「お座トロ展望列車」リニューアル、JR只見線を初運行
作曲家の小林亜星さん死去 JR東日本「E電」の選考委員