「ウエストエクスプレス銀河」山陽ダイヤの詳細決定 普通列車で追いつけるポイントは

LINEで送る
Pocket

JR西日本は10月9日、長距離列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」の山陽方面の運行について、運転日や途中停車駅の時刻など詳細な運転計画を発表した。現在は京都・大阪~出雲市間で運転されているが、12月12日からは大阪~下関間で運転される。時刻は次の通り。

117系電車を改造した「ウエストエクスプレス銀河」専用車両。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

●下り(下関行き)
大阪:7時19分発
三ノ宮:7時48分着・7時50分発(土曜・休日は7時43分着・7時44分発)
神戸:7時52分着・7時53分発(土曜・休日は7時47分着・7時48分発)
西明石:8時10分着・8時11分発(土曜・休日は8時05分着・8時09分発)
姫路:9時45分着・9時50分発(土曜・休日は9時45分着・9時47分発)
岡山:11時26分着・11時34分発
倉敷:11時52分着・11時55分発
福山:13時16分着・14時02分発
三原:14時38分着・14時40分発
西条:15時15分着・15時17分発
広島:15時49分着・15時53分発(土曜・休日は15時49分着・15時55分発)
宮島口:16時17分着・16時19分発(土曜・休日は16時22分着・16時23分発)
岩国:16時55分着・16時57分発(土曜・休日は16時45分着・16時47分発)
徳山:18時00分着・18時02分発
新山口:18時42分着・18時44分発
新下関:19時34分着・19時36分発
下関:19時45分着

●上り(大阪行き)
下関:10時38分発
新下関:10時47分着・10時49分発
新山口:11時40分着・11時42分発
防府:11時56分着・11時58分発
徳山:12時20分着・12時22分発
柳井:12時50分着・13時05分発
岩国:13時32分着・13時34分発
宮島口:13時55分着・13時57分発(土曜・休日は13時52分着・13時54分発)
広島:14時54分着・14時56分発
西条:15時33分着・15時35分発
三原:16時10分着・16時11分発
福山:17時23分着・17時25分発
倉敷:18時23分着・18時38分発
岡山:19時01分着・19時03分発
姫路:20時46分着・20時48分発
西明石:21時20分着・21時22分発
神戸:21時37分着・21時38分発
三ノ宮:21時41分着・21時42分発
大阪:22時02分着

途中停車駅は数分程度の停車だが、下りの福山駅は停車時間が46分と長く、上りも柳井駅(15分)と倉敷駅(16分)がやや長くなっている。これらの駅では特産品の販売や客の出迎えなどが行われる。また、一部の区間では車内での特産品の販売も行われる。

現在までに決まっている運転日は、下りが2020年12月12・15・19・22日、2021年1月9・12・16・19・23・26・30日、2月6・9・13・16・20・23・27日、3月2・6・9日で、おもに火・土曜の運行。上りはおもに日・木曜の運行で、2020年12月13・17・20・24日、2021年1月10・14・17・21・24・28・31日、2月7・11・14・18・21・25・28日、3月4・7・11日に運行される。

12月12日から運転されるが、現在の京都・大阪~出雲市間での運転と同様、旅行会社の日本旅行が企画する旅行商品の専用列車となる。旅行商品の詳細は10月21日以降、日本旅行の特設ウェブサイトで案内される予定だ。

なお、「ウエストエクスプレス銀河」は全体の所要時間が長いため、普通列車(新快速列車を含む)の乗り継ぎで「ウエストエクスプレス銀河」に追いつき、追い抜くことも可能とみられる。

「ウエストエクスプレス銀河」の運転にあわせて普通列車のダイヤが修正される可能性もあるが、10月9日時点の平日ダイヤの場合、下り「ウエストエクスプレス銀河」が発車したあとの大阪8時38分発の姫路行き新快速列車に乗ると、「ウエストエクスプレス銀河」より3分早く姫路駅に到着。姫路駅で「ウエストエクスプレス銀河」の発車を見送ってから普通列車を乗り継いでも、福山駅に30分ほど先行できる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る