西武鉄道「武蔵丘フェスタ」今年も事前申込制で開催

西武鉄道は6月5日、同社最大の車両検修施設「武蔵丘車両検修場」(埼玉県日高市)の一般公開イベント「西武・電車フェスタ2022 in 武蔵丘車両検修場」を開催する。昨年2021年に続き完全事前申込制。

2021年の「西武・電車フェスタ in 武蔵丘車両検修場」。【画像:西武鉄道】

おもな内容は次の通り。

●実演
・トラバーサーでの車両の入替作業
・トラバーサー乗車体験(実演時間外)
・車輪に台車を被せる作業
・車輪の回転試験など

●展示
・発電機・コンプレッサー(年代・車両別)
・40000系モックアップ
・モーターのカットモデル
・主制御器の機器
・8500系(山口線車両)の台車

●物販
・会場限定デザイン6000系デビュー30周年記念乗車券
・西武鉄道グッズの販売

●その他
・子供向け制服撮影会(運転士・車掌・駅係員)
・ミニ電車の運転

参加は「西武線アプリ」を使って電子入場券を取得する必要がある。5月27日10時から6月4日14時まで先着順で受け付ける。鉄道部品販売の参加は締切済み。このほか、検修場に直通運転する6000系の貸切列車に乗って参加するツアーも企画された。西武新宿発と池袋発の2コースが設定されたが池袋発は受付を終了している。

《関連記事》
西武鉄道「他社からの譲受車両」導入へ 条件は「無塗装」「VVVF」大手私鉄では異例
西武鉄道「40000系」3編成増備 2022年度の投資計画「次世代新宿線」も推進