京急の立会川駅に副名称「大井競馬場」 「最寄り駅」「身近な存在」アピール



京急電鉄は4月2日から、本線の立会川駅(東京都品川区)に「大井競馬場」という副駅名称を掲出している。

立会川駅付近を走る京急の列車。【撮影:草町義和】

「東京シティ競馬」の愛称で大井競馬場で競馬を実施している特別区競馬組合によると、立会川駅8カ所の駅名標に副駅名称を掲出。これにより立会川駅が東京シティ競馬の最寄り駅であることを案内するとともに、東京シティ競馬が地域住民にとって身近な存在であることを宣伝するという。

「大井競馬場」の副駅名称が入れられた立会川駅の駅名標のイメージ。【画像:特別区競馬組合】

大井競馬場に最も近い駅は東京モノレールの大井競馬場前駅で、競馬場の北門まで徒歩2分。立会川駅からは徒歩12分で競馬場の正門にアクセスできる。

《関連記事》
京急「ドレミファインバータ」復活? 横浜駅に設置の自販機「あの音」流れる
成田・羽田空港アクセス「都心直結線」協議の場設置を国に要望へ 千葉県知事が方針

京急本線の立会川駅。【撮影:草町義和】