LINEで送る
Pocket

富山ターミナルビルは2月3日、あいの風とやま鉄道線・富山駅の高架下に設けられる商業施設の概要を発表した。4月27日にオープンする。

高架化工事が行われていた頃の富山駅。【撮影:草町義和】

高架下の東エリアに「とやマルシェのれん横丁」、西エリアに「とやマルシェ EATS de Meets(イーツ・デ・ミーツ)」が、それぞれオープン。中央エリアにはコンビニエンスストアが設けられる。

東エリアの「とやマルシェのれん横丁」は、あいの風とやま鉄道線とJR北陸新幹線の乗り換え口付近に設けられ、富山湾の海鮮料理などが楽しめる飲食ゾーンに。西エリアの「とやマルシェ イーツ・デ・ミーツ」は高架下の路面電車の停留場に隣接。ファストフードやカフェ、麺類などの店舗で構成される。

あいの風とやま鉄道線は昨年2019年3月までに富山駅の高架化が完了。これに先立つ2018年4月には、JR西日本グループの富山ターミナルビルが同線高架下の開発予定事業者に選定され、高架下の商業施設の整備が進められてきた。

今年2020年3月21日には、現在の富山ライトレール富山港線(富山ライトレールは2月22日付けで富山地方鉄道=富山地鉄に吸収合併)があいの風とやま鉄道線の高架下に乗り入れる。北陸新幹線の高架下にある富山地鉄の路面電車(富山軌道線)の停留場があいの風とやま鉄道線の高架下まで拡張され、富山港線と富山軌道線の直通運転も始まる予定だ。

北陸新幹線の高架下に設けられている富山地鉄富山軌道線の停留場。3月には停留場があいの風とやま鉄道線の高架下まで拡張されて富山港線と富山軌道線の直通運転が始まる。【撮影:草町義和】
4月27日にオープンする商業施設の位置。【画像:JR西日本】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る