日豊本線の夜行特急「ドリームにちりん」10年ぶり復活 大分駅の長時間停車も再現

JR九州は10月26日、鹿児島本線・日豊本線の博多~宮崎・南宮崎間を移動する旅行商品「783系ハイパーサルーンで行くリバイバルドリームにちりんツアー」を発売すると発表した。

JR九州の783系。【画像:JR九州】

実施日は11月26~27日で、車両は783系特急型電車「ハイパーサルーン」を使用。往路の博多→南宮崎間は、かつて運行されていた「ドリームにちりん」と同様、夜行列車として運行される。

行程は往路が博多11月26日22時50分頃発→小倉→大分11月27日1時37分頃着・2時40分頃発→宮崎→南宮崎7時43分頃着、復路が宮崎11月27日12時07分頃発→小倉19時09分頃着・19時27分頃着→博多21時15分頃着。往路の大分駅では軽食を販売する予定だ。このほか、JR九州ホテル宮崎のデイユースプランや食事プランも用意する。

旅行代金は普通席(1名参加・2名参加は同額)で往復4万6000円、片道(往路夜行)3万3000円、片道(復路昼行)2万3000円。グリーン席(一人あたり)は往復4万4000円、片道(往路夜行)3万8000円、片道(復路昼行)2万8000円だ。10月27日9時30分からJR九州トラベルデスクのウェブサイトで申込みを受け付ける。

「ドリームにちりん」は1993年、日豊本線の夜行急行「日南」を格上げする形で博多~南宮崎間(のちに下りは博多~宮崎空港間)で運行を開始。当初は787系特急型電車で運転されていたが、のちに783系に変わった。到着時間調整のため大分駅で長時間停車するのが特徴だった。今回のツアーでも夜行の往路は大分駅で1時間以上停車する。

2009年以降はJR九州のエリア内で唯一の定期夜行列車となったが、2011年の九州新幹線全通に伴うダイヤ改正で廃止された。JR九州は「往路(博多駅~南宮崎駅)につきましては10年ぶりに夜行列車として運行する列車にご乗車いただけます」としている。

《関連記事》
東京~大垣「ムーンライトながら」廃止 東海道本線の夜行普通列車、その歴史をたどる
交流・直流の両方走れる国鉄電車「415系」JR九州だけに 最後の路線は「関門」か