岳南電車が「おばけ」に ハロウィンイベント、電気機関車の装飾や特大切符も

「オバケ」の装飾が施される7000形7003号。【撮影:草町義和】

岳南電車(静岡県)は9月30日から、「岳鉄ハロウィン」と題したイベントを開催。「ハロウィンラッピング電車」の運行や「おばけ切符」の発売などを行う。

「ハロウィンラッピング電車」は9月30日~10月31日に運行。ハロウィンにちなみ、7000形電車の7003号をおばけのデザインで装飾する。岳南富士岡駅構内の「がくてつ機関車ひろば」で保存されている電気機関車も、10月31日に限りハロウィンの装飾を施す。

がくてつ機関車ひろばで保存されている電気機関車も1日だけハロウィンの装飾が施される。【撮影:草町義和】

ツイッターを使った企画も実施。「ハロウィンラッピング電車」の写真を「#岳ちゃんハロウィン」のタグと一緒にツイートした人のなかから一人の写真を、岳南電車の公式アカウント「岳ちゃん」のプロフィール背景画像として使用する。使用期間は10月19~31日。

「おばけ切符」は岳南電車が「日本最大級」とするA5サイズ(210×297mm)の1日フリー乗車券で、発売額は720円。吉原駅で9月30日から在庫がなくなるまで販売する。このほか、秋限定のスイーツ「焼きドーナツ」が9月30日から10月31日まで吉原駅で発売される予定だ。発売額は各250円。

岳南電車は東海道本線の吉原駅から分岐して岳南江尾駅まで9.2kmを結ぶ路線。かつては沿線の製紙工場で生産された紙製品を運ぶ貨物列車が運行されていたが、2012年に運行を終了。その後は旅客列車のみ運行されている。貨物列車をけん引していた電気機関車は今年2021年8月21日にオープンした、がくてつ機関車ひろばで展示保存されている。

《関連記事》
岳南電車が初の「夜行列車」運転 10km弱を5時間かけ2往復、駅そばや焼きたてパンも
遠州鉄道「39年ぶり」運賃改定を申請 来年2月から値上げ