東京~博多が来年3月で消滅へ 東海道・山陽「新幹線回数券」発売区間の縮小進む

東海道新幹線を走る列車。【画像:ジュンP/写真AC】

JR東海とJR西日本は8月5日、東海道・山陽新幹線の新幹線回数券など特別企画乗車券について、一部区間の発売を終了すると発表した。

新幹線回数券(6枚つづり)は普通車指定席用と普通車自由席用について、山陽新幹線の計32区間が10月31日発売分をもって発売を終了。東海道・山陽新幹線の計19区間も来年2022年3月31日発売分をもって終了する。

東海道・山陽新幹線の全区間をカバーする東京都区内~博多間の新幹線回数券は普通車指定席用のみ発売されているが、これも来年2022年3月31日の発売分をもって消滅する。

定期券と組み合わせて使える新幹線自由席回数特急券(10枚つづり)は、東海道・山陽新幹線の計32区間が今年2021年10月31日発売分をもって終了。また、岐阜・岐阜羽島~東京都区内間の「岐阜新幹線スーパー回数券」は来年2022年3月31日発売分をもって終了する。

JR東海・JR西日本はネット予約サービス「EXサービス」や在来線IC定期券による「新幹線乗車サービス」の導入を推進しており、これに伴い近年は紙の回数券の発売区間を縮小している。

《関連記事》
JR九州「回数券」6月限りで発売終了 一部区間の発売は継続
東武鉄道「マイル」導入、チャージや買い物に利用可能 回数券は終了へ