北陸新幹線「福井駅」外観まもなく姿を表す 駅名標は8月に設置



北陸新幹線の福井駅のイメージ。【画像:鉄道・運輸機構】

鉄道・運輸機構は7月29日、北陸新幹線の福井駅の外観がまもなく姿を現すと発表した。

北陸新幹線の福井駅は高架島式ホーム1面2線。ホーム延長は312mで、駅舎は高さ約22m、幅約23mだ。現在、駅舎中央部の外部足場の解体と化粧ルーバーの取り付けが進められており、7月末までに完了する見込み。駅名標は8月5~7日に取り付けられる予定だ。

福井駅を含む北陸新幹線の金沢~敦賀間は2024年春、JR西日本の新幹線として開業の予定。新幹線の福井駅舎は「太古から未来へ~悠久の歴史と自然がみえる駅~」をデザインコンセプトとし、「悠久の歴史を未来へつなぐシンボルゲートとなる駅」を目指して建設中という。

《関連記事》
北陸新幹線・金沢~敦賀「開業延期」「工事費増加」認可 2024年春開業へ
JR北陸本線・加賀笠間~松任間の新駅認可 新幹線基地に隣接、開業時は第三セクター鉄道