青森で電気式気動車GV-E400系「運転体験」イベント 転車台の回転体験も

運転体験で使われるGV-E400系。【画像:JR東日本】

JR東日本の秋田支社は8月8・9日の計2日、電気式気動車GV-E400系の運転体験イベントをつがる運輸区(青森県弘前市、弘前駅より徒歩1分)で行う。

乗務員が訓練時に使用するシミュレーター装置で運転方法を説明。その後、GV-E400系1両を使用し、片道約100mを運転する。運転時は指導運転士が隣に立って運転方法を教える。転車台の回転体験も実施。係員と一緒に転車台を回転させる。

このほか、参加者には実際の乗務員が使用する白手袋や運転体験修了証、弘前駅の店舗で使える買い物券2000円分などがプレゼントされる。

参加できるのは青森県在住者で小学4年生以上。小中学生は20歳以上の成人1人の付き添いが必要だ。募集人数は計8組で、午前の部(9時30分~12時10分)と午後の部(13時30分~16時10分)、それぞれ2組ずつになる。

JR東日本のネットショップ「JRE MALL」で「電気式気動車(GV-E400系)運転体験」と題した商品を販売する形で申込みを受け付ける。販売期間は7月28日12時から8月6日12時まで。

《関連記事》
JR東日本の新型車両「GV-E400系」秋田地区は12月12日から 電気式気動車、まず五能線
秋田新幹線「新仙岩トンネル」整備に向けJR東日本・秋田県が覚書締結