世界最大級の鉄道見本市「イノトランス」2021年も中止に 次回は2022年9月

国際鉄道技術見本市「イノトランス」の運営団体は10月22日、来年2021年4月にドイツの首都ベルリンで開催する予定だったイノトランスを中止すると発表した。次回の開催予定は2022年9月20~23日になる。

2018年イノトランスの一般公開の様子。【画像:メッセベルリン】

イノトランスは通常、偶数年の9月にベルリンで開催されている。偶数年の今年2020年は当初、9月22~25日に開催される予定だった。

運営団体「メッセベルリン」は今年4月、新型コロナウイルスの影響により、2020年開催分を来年2021年の4月27~30日に延期すると発表していた。しかし、現在の状況では来年のコロナ禍の状況が見通せないとして、完全な中止を決めた。

イノトランスは世界最大級の鉄道見本市。屋外に展示スペースを設け、さまざまなメーカーが高速車両やタンク車、軌陸車、路面電車など、実物の鉄道車両を展示するのが特徴だ。

2018年のイノトランスで屋外展示された車両。【画像:メッセベルリン】

関連記事

ページ上部へ戻る