五能線・北金ケ沢駅の駅舎を建替 現駅舎は89年の歴史

LINEで送る
Pocket

JR東日本の秋田支社は9月2日、五能線・北金ケ沢駅(青森県深浦町)の駅舎を建て替えると発表した。来年2021年1月下旬に新しい駅舎の使用を開始する。

北金ケ沢駅の新駅舎のイメージ。【画像:JR東日本】

新駅舎は木造平屋建てで、床面積は13.9平方m。駅前広場とホームを結ぶ通路のほか、待合室と倉庫などを設ける、無人駅で切符売場などは設けられない。駅舎のデザインは、観光名所「北金ケ沢の大銀杏」「関の甕杉」などの巨木を象徴した、木々のなかの待合所をイメージしたという。

今年2020年9月上旬から工事を始め、10月上旬からは仮駅舎で営業。来年1月下旬から新駅舎の使用を開始し、2月中旬までに工事を完了する予定だ。

北金ケ沢駅は1931年10月20日に開業。現在の駅舎もこのときに完成し、2011年に駅員のいない無人駅になった後も使われてきた。完成からすでに89年近くが経過しており、老朽化が課題になっていた。JR東日本は同駅の利用者数を近年公表していないが、2009年度の利用者数(1日平均乗車人員)は58人だった。

新駅舎の平面図。【画像:JR東日本】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る