土讃線の新しい観光列車「志国土佐」四国各地と岡山で車両展示会



JR四国は2月29日から3月8日にかけ、新しい観光列車「志国土佐 時代(とき)の夜明けのものがたり」の車両展示会を各地で開催する。開催日時と場所は次の通り。

2月29日 10時~10時45分 高知駅 3番線ホーム
3月1日 9時40分~10時50分 窪川駅 2番線ホーム
3月7日 10時40分~12時20分 高松駅 9番線ホーム
3月8日 14時~15時15分 岡山駅 5番線ホーム

それぞれ開始時刻の30~40分前から受付を開始。受付で配布される記念入場整理券で車両を見学できる。高知駅は時間が短いため、見学者数が200人に限定される。

「志国土佐」は4月18日にデビューする、土讃線・高知~窪川間の観光列車。キハ185系気動車2両を改造した専用車両を使用する。全車グリーン席で、車内では高知名物の皿鉢風創作料理などが別料金で提供される。

《関連記事》
JR四国が新観光列車を公開 高知県内で運行へ、グルメ旅提供(山陽新聞デジタル/nordot)