京葉線・新木場駅のリニューアルが完了 「木」のデザイン、商業施設が全面オープン

JR東日本の千葉支社は6月12日、京葉線・新木場駅(東京都江東区)のリニューアルにより整備された駅構内の商業施設が7月3日までに全面オープンすると発表した。

新木場駅のリニューアルのイメージ。【画像:JR東日本】

商業施設は昨年2019年12月、コンビニエンスストア「ニューデイズ」の新木場改札内店がオープン済み。今年2020年6月29日にはベックスコーヒーショップ新木場店がオープンし、7月3日にはいろり庵きらく新木場店がオープンして全面オープンする。

新木場駅は2020年の東京オリンピック(延期)にあわせてリニューアルが計画され、昨年11月にトイレがリニューアル。翌12月からはリニューアルされたエレベーター・エスカレーター・階段の使用が開始され、コンコースも拡張された。

新木場駅の近くには貯木場があり、同駅のリニューアルに際しては「木」を基調としたデザインが採り入れられている。

リニューアル後のトイレ。【画像:JR東日本】
新木場駅の改良前と改良後の平面図。【画像:JR東日本】

関連記事

ページ上部へ戻る