イノトランスは来年4月に延期 世界最大級の国際鉄道技術見本市

9月に開催される予定だった国際鉄道技術見本市「InnoTrans」(イノトランス)が、来年2021年の4月に延期されることが決まった。

イノトランスのウェブサイト。【画像:Messe Berlin】

イノトランスは世界最大級の鉄道見本市。屋外に展示スペースを設け、さまざまなメーカーが高速車両やタンク車、軌陸車、路面電車など、実物の鉄道車両を展示するのが特徴だ。通常は偶数年の9月にドイツの首都ベルリンで開催されており、次回は今年2020年の9月22~25日に開催される予定だった。

イノトランスの運営団体が発表したところによると、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ベルリン上院議会が10月24日まで大規模イベントの開催禁止を決定。9月に開催することが不可能になったことから、関係団体と協議した結果、次回の開催期間を来年2021年の4月27~30日に変更することにしたという。

次々回の開催期間は予定通り2022年9月に開催するとしている。