東京モノレールで東京オリンピックのラッピング列車 品川の児童が描いた絵で装飾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モノレールは3月30日から、ラッピング列車「東京モノレールキッズギャラリー号~東京2020みんなの夢~」を運転する。

先頭車両(6号車)のイメージ。先頭にヘッドマークを取り付け、側面を児童の描いた絵で装飾する。【画像:東京モノレール】

東京都品川区と共同で行う、東京オリンピック・パラリンピック支援企画のひとつ。品川区に在住する児童889人が描いた大会イメージの絵画で、10000形電車1編成の車体を装飾する。品川区内の短大・高専と高校の学生・生徒が80点に編集デザインした。

先頭車両には品川区のロゴマーク「わ!しながわ」をヘッドマークにデザインし、各車両にはサブテーマ「3つの夢」が描かれている。運転期間は9月6日までの予定だ。

側面のイメージ。【画像:東京モノレール】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る