京成電鉄「スカイライナー」車掌が74言語に対応 自動翻訳機を導入

LINEで送る
Pocket

京成電鉄は3月11日から、携帯型の自動音声翻訳機を導入し、成田空港アクセス特急「スカイライナー」の担当車掌に携帯させる。

京成電鉄の成田空港アクセス特急「スカイライナー」。【撮影:草町義和】

担当車掌が携帯するのは、74言語に対応した自動音声翻訳機。京成電鉄はソースネクストの「POCKETALK(ポケトーク)」を「スカイライナー」担当者車掌向けに計45台導入する。

京成電鉄は、すでに全駅に自動音声翻訳機を導入しているが、「スカイライナー」にも導入して訪日外国人客の案内を強化する。

自動翻訳機を使った「スカイライナー」車内での案内のイメージ。【画像:京成電鉄】
LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る