JR四国「伊予灘ものがたり」11万人達成へ 予讃線の観光列車



JR四国は10月7日、予讃線の観光列車「伊予灘ものがたり」の利用者数(定期運行分)が10月13日で11万人に達成する予定と発表した。これにあわせて11万人の達成を記念したイベントが行われる。

予讃線の「伊予灘ものがたり」。【画像:ジョーナカ/写真AC】

当日は「伊予灘ものがたり」の車内でくす玉割りを実施。オリジナル缶バッジやポストカードの配布なども行われる。

「伊予灘ものがたり」は予讃線の松山~伊予大洲・八幡浜間(海側経由)で運行されている観光列車。2014年に運行を開始した。気動車キハ40系のキハ47形を改造した2両編成の専用車両が使われており、瀬戸内海(伊予灘)の景色を見ながら地元の食材を使った食事を楽しめる。