JR西日本が走行位置案内サービスを拡充 和歌山線は全線に、万ま線と因美線を追加

LINEで送る
Pocket

JR西日本は2月28日から、同社のウェブサイトやスマートフォンアプリなどで提供している列車走行位置サービスの対象路線を拡大する。

列車走行位置サービスの画面イメージ。左から和歌山線、万葉まほろば線、因美線。【画像:JR西日本】

新たに追加されるのは、近畿エリアが和歌山線の王寺~五条間と桜井線(万葉まほろば線)。和歌山線の五条~和歌山間は導入済みで、今回の対象路線拡大により全線で列車走行位置を確認できるようになる。山陰エリアも因美線の鳥取~智頭間が対象路線になる。

ほかにも運行情報の案内方法を一部変更する。駅などに設置されている異常時情報提供ディスプレイは多言語化を推進。2月20日から英語のほか中国語(簡体字と繁体字)と韓国語にも対応している。

また、ウェブサイト上で運行状況を案内する路線図の対象エリアも2月20日から拡大。新たに岡山・福山エリアと広島・山口エリア、山陽新幹線、北陸新幹線が追加された。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る