北陸本線のSL列車「SL北びわこ号」10月10日から運転開始 D51 200がけん引



JR西日本は10月から11月にかけ、北陸本線の米原~木ノ本間でSL列車「SL北びわこ号」を運転する。

D51 200がけん引する「SL北びわこ号」。【画像:ポニー/写真AC】

運転日は10月10日、13日、20日、27日、11月3日、10日の計5日間。運転本数と時刻は米原10時09分発→木ノ本10時52分着の下り1本だ。途中、長浜、虎姫、河毛、高月の各駅に停車する。

蒸気機関車D51形の200号機が客車12系5両(定員424人、全席指定)をけん引する。JR西日本 営業本部近畿営業部によると、10月13日、20日、27日、11月3日は満席(10月7日現在)になっている。