国鉄蒸機「403号機」豊洲の芝浦工大付属中高で一般公開へ 英国製、西武鉄道から寄贈

西武鉄道は横瀬車両基地(埼玉県横瀬町)で保存している蒸気機関車の4号機(もと国鉄400形403号機)を、芝浦工業大学に寄贈する。同大学付属中高校の100周年記念事業の一環。11月から東京都江東区豊洲にある付属中高校の敷地で一般公開する。

403号機の一般公開のイメージ。【画像:芝浦工業大学】

芝浦工大付属中高校は1922年、当時の国鉄線を運営していた鉄道省(現在の国土交通省)が日本の鉄道開業50周年記念事業の一環として開校した東京鉄道中学が起源。芝浦工大は、この縁をもとに403号機の寄贈を受けるとしている。

403号機は英国ナスミス・ウィルソンが1886年、日本の国鉄向けに製造した4両の蒸気機関車のうちの1両。車軸配置1-B-1の中型タンク式で重量は約27t、全長は約9m。形式・車両番号は数度の変更を経て1909年に400形の403号機に変更された。

1913年、現在の西武線のうち国分寺線と新宿線の一部を運営していた川越鉄道が403号機を譲り受けた。形式・車両番号は5形5号機を経て4形4号機に。戦後の1957年まで西武線で使用され、上武鉄道(群馬県)への貸出を経て1965年に廃車された。現在は横瀬車両基地で静態保存されている。

芝浦工大によると、20世紀初頭に403号機を模した国産機が製造されており、日本の工業の黎明(れいめい)期を伝える貴重な産業資産という。

《関連記事》
西武鉄道の池袋駅と豊島園駅「英国風」に 『ハリポタ』テーマパーク整備で
『鬼滅の刃』無限列車にそっくり「ハチロク」こと8620形、どんな蒸気機関車?