京成電鉄の成田空港アクセス特急「スカイライナー」も減便 日中は40分間隔に

京成電鉄は4月28日、東京都心と成田国際空港を結ぶ空港アクセス特急「スカイライナー」について、5月中は日中の列車の一部を運休すると発表した。

京成電鉄の成田空港アクセス特急「スカイライナー」。【撮影:草町義和】

上下82本のうち、平日と土曜・休日ともに36本を運休する。下り朝の京成上野発5時40分~7時40分と上り夜の成田空港発20時30分~23時20分は所定のダイヤ通り運転するが、それ以外の時間帯は1時間につき1~2本を運休。日中は所定ダイヤで20分間隔の運転だが、5月中は40分間隔の運転になる。

京成電鉄は、新型コロナウイルス感染症に伴う政府からの緊急事態宣言と外出自粛要請などを踏まえて運休するとしている。JR東日本の成田空港アクセス特急「成田エクスプレス」も、5月中は日中を中心に運休することが決まっている。

関連記事

ページ上部へ戻る