神鉄の新ラッピング列車「たのし~ずん」2月24日から 前日に無料の特別運行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸電鉄(神鉄)は2月24日から、ラッピング列車「しんちゃん&てつくんトレイン たのし~ずん」を運行する。前日の23日には列車の展示や特別運行などのイベントが行われる。

四季折々の風景をデザインした神鉄「たのし~ずん」の車体装飾イメージ。【画像:阪急阪神ホールディングス】

5000系電車の第5013編成(4両)に、四季折々の風景と神鉄の公式キャラクター「しんちゃん&てつくん」を車体に描いたもの。「沿線の魅力向上および活性化の取組の一環」(神鉄)として、沿線の自然の魅力を「しんちゃん&てつくん」がPRするという。

2月23日のイベントは、谷上駅(神戸市北区)で10時から実施。「たのし~ずん」のほか、2012年から運行されている第5001編成のラッピング列車「HAPPY TRAIN★(ハッピートレイン)」も並べて展示する。

「たのし~ずん」の車内にはキーワードを持った「しんちゃん」が隠れており、キーワードをそろえると先着500人に記念品がプレゼントされる。オリジナル弁当の販売や運転室での記念撮影(小学生以下)なども行われる。

特別運行の列車は12時00分に谷上駅を発車し、岡場駅まで1往復する。乗車時間は約45分で、岡場駅では下車できない。乗車は無料だが、10時から配布される整理券(先着160人)が必要。車内では記念品がプレゼントされる。また、発車に先立ち11時50分から谷上駅で出発式が行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る