「青春18きっぷ」2020年シーズンも発売 JRの普通列車が乗り放題

JR旅客6社は2月7日、「青春18きっぷ」の今年2020年の春季から冬季の発売計画の概要を発表した。発売額は1万2050円。全国のJRのおもな駅や旅行会社などで発売される。

JR山口線を走る普通列車。【撮影:草町義和】

「青春18きっぷ」は国鉄時代の1982年から発売されているフリー切符。JR線の快速・普通列車の普通車自由席、JR東日本のバス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリーが乗り降り自由だ。

1人が1日に限り自由に乗り降りできる権利を5つまとめたもので、1人で計5日間利用したり、5人が同じ行程で1日利用したりすることができる。

切符の効力や制限、特例などは、2019年の冬季からの大きな変更はない。発売期間と利用期間は次の通り。

●春季
・発売期間:2020年2月20日(木)~2020年3月31日(火)
・利用期間:2020年3月1日(日)~2020年4月10日(金)

●夏季
・発売期間:2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)
・利用期間:2020年7月20日(月)~2020年9月10日(木)

●冬季
・発売期間:2020年12月1日(火)~2020年12月31日(木)
・利用期間:2020年12月10日(木)~2021年1月10日(日)

「青春18きっぷ」と組み合わせて利用することで、本州と北海道のあいだを新幹線などで移動できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(2490円)も、従来通り発売される。利用期間は「青春18きっぷ」と同じだが、発売期間は各シーズンの利用期間の最終日までになる。

関連記事

ページ上部へ戻る