京成・都営~羽田空港の運賃「値上げ」来年3月から 京急「特殊割引」縮小で

京急電鉄は12月24日、京成線・都営地下鉄線方面と羽田空港方面のあいだを利用する客に適用している「空港連絡特殊割引」について、来年2022年3月12日から割引額を縮小すると発表した。実質的な値上げになる。

京成押上線を走る羽田空港行きの京急車。【撮影:草町義和】

京成線・都営地下鉄線の各駅から京急空港線の羽田空港駅(羽田空港第1・第2ターミナル駅または羽田空港第3ターミナル駅)までの相互間を利用する場合、普通旅客運賃は空港連絡特殊割引などが適用され、現在は大人60円引き、子供30円引き(成田空港・空港第2ビル~羽田空港間は大人90円引き、子供50円引き)になっている。

3月12日以降は割引額が10円縮小され、大人50円引き、子供20円引き(成田空港・空港第2ビル~羽田空港間は大人80円引き、子供40円引き)に。切符・ICカード乗車券ともに割引額は同じだ。

日本橋~(都営地下鉄線)~泉岳寺~(京急線)~羽田空港第1・第2ターミナル間の場合、普通旅客運賃は日本橋~泉岳寺間が220円、泉岳寺~羽田空港第1・第2ターミナル間が340円で、合計560円。実際は空港連絡特殊割引などの適用で60円引きの500円になる。3月12日以降は割引額の縮小で10円値上げされて510円に変わる。

京急電鉄はコロナ禍前の2019年10月、京急空港線の加算運賃を120円引き下げて羽田空港駅利用時の運賃値下げを実施していた。京急電鉄は新型コロナウイルスの影響による利用者数の大幅減少を挙げ、コロナ禍前の値下げと勘案して割引額を縮小することにしたとしている。

《関連記事》
京急大師線・鈴木町~東門前「地下化」川崎市が再検討、整備効果が事業費下回る
「羽田空港アクセス鉄道」空港内の事業概要まとまる JR「単円」、京急「複合円形」