JR四国「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」デビューに先立ち車両展示会



「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」で使われる車両のイメージ。【画像:JR四国】

JR四国は土讃線の新しい観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の運転開始に先立ち、同列車で使用する車両の展示会を行う。展示会の開催駅と日時は次の通り。

高知駅3番ホーム 2月29日 10時5~35分
窪川駅2番ホーム 3月1日 9時45分~10時45分頃
高松駅9番ホーム 3月7日 10時40分~12時20分頃

運行初日の4月18日は、高知駅(11時30分頃から)と窪川駅(14時30分頃から)で出発式が行われる予定だ。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」は4月18日から高知県内の土讃線・高知~窪川間で運転を開始する予定の観光列車。国鉄末期に導入されたキハ185系特急型気動車を改造した2両編成で運転される。