北海道新幹線「札樽トンネル」富丘工区8月31日から掘削開始

富丘工区の掘削開始地点。【画像:鉄道・運輸機構】

鉄道・運輸機構は8月25日、北海道新幹線の札樽トンネル富丘工区の掘削を8月31日に開始すると発表した。

札樽トンネルは新小樽(仮称)~札幌間に設けられる延長26.23kmのトンネル。新小樽寄りから石倉・銭函・星置・富丘・札幌・桑園の6工区に分けられている。

富丘工区の位置。【画像:鉄道・運輸機構】

富丘工区は延長4.5kmで、飛島・梅林・松谷・高橋特定建設工事共同企業体が受注した。契約期間は2027年3月15日まで。掘削開始地点は札幌市手稲区の手稲本町地内になる。安全祈願は新型コロナウイルス感染症拡大への影響を考慮し、最小限の出席者で実施するという。

札樽トンネルの札幌方坑口と札幌駅を結ぶ約1kmの高架橋は秋頃にも着工の見込みだ。

《関連記事》
北海道新幹線の立岩トンネル豊津工区が掘削開始へ 来賓招いた安全祈願は実施せず
北海道新幹線の全トンネルで携帯電話が利用可能に 3月25日から