半蔵門線の新型「18000系」8月7日デビュー 東京メトロ、8000系の置き換えスタート



8月7日から営業運行が始まる半蔵門線の18000系。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

東京メトロは8月7日、半蔵門線で「18000系」電車の営業運行を始める。今後順次導入し、従来車両を一部置き換える。

18000系は、有楽町線・副都心線に導入された17000系電車と同時期に設計された新型車両。車体構造など17000系との共通化が図られているが、先頭部は半蔵門線の8000系と08系の「端正な表情」(東京メトロ)を受け継ぎ、直線的なデザインのヘッドライトが採用された。

車体の色は半蔵門線のラインカラーのパープル(紫)だが、濃淡2色の紫を組み合わせてデザイン。車内も床から座席の座面、背もたれ、つり革など、それぞれ濃度が異なるさまざまな紫を用いている。車体幅は18000系の走行線路にあわせ、17000系より20mm狭くなった。

18000系の外観。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
18000系の車内。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
18000系の導入で引退する8000系。【撮影:草町義和】

東京メトロは今回の導入を皮切りに2025年度までに18000系を190両(10両編成19本)導入し、従来車両のうち8000系の全190両(10両編成19本)を置き換える方針だ。

《関連記事》
東京メトロ半蔵門線の新型車両「18000系」公開 8月デビュー、8000系は引退へ
半蔵門線「18000系」と有副線「17000系」の違いは? 見た目以外にも異なるポイント