叡山電鉄『ゆるゆり』イベント7月24日に コラボヘッドマークの抽選販売も

『ゆるゆり』コラボヘッドマークのイメージ。【画像:叡山電鉄/(C)なもり/一迅社】

叡山電鉄(京都市)は7月24日の11時~15時、八瀬比叡山口駅の2番線ホームで「えいでん×ゆるゆりコラボフェスタ」を開催する。漫画誌『コミック百合姫』で連載中の『ゆるゆり』コラボ企画の一環。

修学院駅で昨年2020年に展示された「ゆるゆり横断幕」の展示や、企画第1・2弾で展示されたキャラクタースタンディポップ(合計4台)の展示を行う。2番線ホームの入場には、「ゆるゆり×えいでんコラボきっぷ(ごらく部Ver.)」か「ゆるゆり×えいでんコラボきっぷ(生徒会Ver.)」のいずれかのコラボきっぷの台紙の提示が必要。会場までの運賃も別途必要だ。

このほか、『ゆるゆり』コラボ企画で製作したすべてのコラボヘッドマークを営業列車(700系電車のデオ710形712号の予定)に掲出して運行する予定。詳細は後日案内する。

コラボヘッドマークは8種類各2枚のうち1枚ずつを抽選販売する。販売価格は1枚6万円で、当日代金を支払える人のみ購入できる。

当日は各キャラクターごとの抽選ボックスを会場に設置(11時~14時)。購入希望者は会場に用意する申込用紙に氏名と電話番号を記入して抽選ボックスに投かんする必要がある。14時から抽選を実施し、当選者には14時30分までに電話で連絡する。当選者はイベント終了後の15時~15時30分、指定の場所までに行く必要がある。

叡山電鉄の『ゆるゆり』コラボ企画は昨年2020年7月から今年2021年6月5日まで実施。最終日には「えいでん×ゆるゆりラッピング電車さよならフェスタ」と題したイベントが開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の発出で中止された。叡山電鉄は「ご声援をいただきましたみなさまへ感謝の意をお伝えするべく」改めてイベントの開催を検討し、7月24日に実施することにしたという。

《関連記事》
叡山電鉄『ゆるゆり』コラボ第4弾を延長 「さよならフェスタ」は6月に延期
叡山電鉄の鞍馬線、9月中に全線再開へ 水害による一部不通から1年2カ月ぶり