近鉄特急12200系の臨時列車「第2弾」7月下旬に運行

近鉄特急の12200系。【画像:近鉄】

近鉄は7月22~25日の計4日、12200系特急電車の臨時列車を再び運転する。運行区間と時刻は次の通り。

●7月22・23・24日
3815列車:近鉄名古屋8時37分発→賢島10時51分着
3915列車:近鉄名古屋9時36分発→賢島11時51分着
4414列車:賢島14時08分発→近鉄名古屋16時32分着

●7月25日
0357列車:近鉄名古屋7時19分発→大阪上本町9時48分着

乗車に際しては乗車券に加え特急券が必要。特急券は各列車とも運転日の2週間前(同曜日)の10時30分からの発売になる。

12200系は2月に定期列車の運用から外れており、4月に臨時列車として運転された。8月には「ありがとう12200系特急ラストラン乗車ツアー」と題した旅行商品専用列車として運転され、これを最後に引退する見込みだ。近鉄は好評につき臨時列車の第2弾を実施するとしている。

《関連記事》
近鉄特急「12200系」最後の列車8月に運行 一人で2席確保、大阪・名古屋~賢島間で
京阪電鉄「大幅減便」9月25日ダイヤ改正 「ライナー」増発や最終列車繰り上げも