小田急電鉄「駅スタンプ」全70駅で一斉リニューアル 昔の「改札鋏」もデザイン

リニューアルされた駅スタンプの例。右下に改札鋏の切り込み形がデザインされている。【画像:小田急電鉄】

小田急電鉄は同社の創立記念日(東京急行電鉄からの分離日)である6月1日、小田急線の全70駅に設置している「駅スタンプ」を一斉にリニューアルした。

新しいスタンプのデザインは、小田急線各駅のまちの特色や駅舎の特徴などを取り込んだ。新宿駅のスタンプは高層ビル群を背景に特急ロマンスカーをデザイン。片瀬江ノ島駅は竜宮造りの駅舎を前面に配置した。黒川駅のスタンプは、読売日本交響楽団演奏によるクラシック楽曲が駅構内BGMとして流れていることなどを表現しているという。

車両は現役車両だけでなく引退した車両もデザインされており、小田急電鉄は「車両好きの皆さまにもお出かけの記念としてお楽しみいただける内容」とアピールしている。このほか、かつて各駅で使われていた「改札鋏(かいさつばさみ)」の切り込み形もデザインした。

スタンプの色は3種類。小田原線の駅は特急ロマンスカー70000形電車「GSE」をイメージした赤、江ノ島線の駅は海のイメージにあわせた青、多摩線の駅は丘陵のイメージから緑としている。

スタンプを利用する場合は改札窓口の駅員に申し出る必要がある。一部の駅は駅員が不在となる時間があり、その場合は利用できない。駅員の不在時間は小田急電鉄ウェブサイトの「駅・時刻表」ページで確認できる。

小田急電鉄は今後、スタンプ収集を楽しめるような企画も検討するとしている。

《関連記事》
新型通勤車「5000形」4編成増備、ホームドア設置は新宿・登戸 小田急電鉄2021年度計画
小田急電鉄「ロマンスカーミュージアム」4月19日オープン 料金や営業時間も決定