常磐線の全線再開記念「全駅」入場券セット発売



JR東日本の水戸支社は1月17日、常磐線の全線再開(3月14日)を記念した常磐線「全駅」の入場券セットを発売すると発表した。

記念入場券セットの台紙(左)と券面(右)のイメージ。【画像:JR東日本】

常磐線の法手続き上の区間である日暮里~岩沼間の各駅(常磐緩行線含む、偕楽園駅除く)と、常磐線の列車が乗り入れている東海道本線の品川・新橋・東京各駅、東北本線の上野駅と館腰~仙台間各駅の入場券(B型硬券)をセットにしたもの。合計枚数は89駅分で台紙が付く。

発売額は1セット1万130円で5000セットの限定販売。2月14日から3月13日まで、ジェイアール東日本商事が運営するネットショップ「鉄道あんてな」で販売する。駅での発売は行わない。