北陸鉄道浅野川線03系「2本目導入」8000系「2本目引退」で特別ツアー 能登の廃線跡もたどる



東京メトロの車両基地から北陸鉄道向けに搬出される直前だったときの03系03-129。【撮影:草町義和】

北陸鉄道は4月8日、浅野川線に導入される03系電車の第2編成(03-129編成)の営業運転開始に先立ち、同編成の撮影会などを含む特別ツアーを開催すると発表した。同社グループの北鉄航空が実施。北陸鉄道の廃線もたどる。

開催日時は5月8日の10~15時。北鉄金沢駅から浅野川線の列車に乗って内灘駅に向かい、ここで撮影会と車内見学、グッズ販売会を行う。

この撮影会では、東京メトロ日比谷線時代の塗装のまま公開する03系03-129編成と、03系の導入に伴い引退する8000系電車の第8901編成(8901-8911)を撮影できる。03-129編成はツアー終了後、帯の色が「北鉄カラー」のオレンジ色に変更される。

その後、貸切バスに乗って北陸鉄道能登線の跡地をたどる。同線は能登半島西側の羽咋~三明間25.5kmを結んでいた鉄道路線で1972年に廃止された。

旅行代金は8900円。昼食代金や浅野川線のフリー切符を含む。定員は40人で、北鉄航空が電話で受け付けている。

03系は東京メトロ日比谷線で運用されていた03系電車を譲り受けた車両。従来車の8000系の更新を目的としたもので、2023年度までに10両(2両編成5本)を導入する計画だ。昨年2020年12月21日から第1編成の03-139編成の運用が始まった。2本目となる03-129編成の営業運転は5月中旬に開始の予定だ。

2020年12月にデビューしたオレンジ帯の03系03-139編成。特別ツアーでは帯色が塗り替えられる前の03-129編成を撮影できる。【画像:北陸鉄道】
5月31日に引退する8000系の第8901編成。【画像:北陸鉄道】

一方、従来車の8000系は03-139編成の導入にあわせ第8903編成が引退済み。03-129編成の導入に伴い、第8901編成が5月31日をもって引退する予定だ。