叡山電鉄『ゆるゆり』コラボ切符2月発売 「生徒会」ヘッドマークは掲出期間を延長

叡山電鉄(京都市左京区)は2月13日から、『コミック百合姫』(一迅社)で連載中の漫画『ゆるゆり』とのコラボ企画第3弾として、「ゆるゆり×えいでんコラボきっぷ(生徒会Ver.)」を発売する。コラボヘッドマークの掲出期間も延長することが決まった。

コラボ切符のイメージ。【画像:叡山電鉄/(C)なもり・一迅社】

描き下ろしの『ゆるゆり』キャラクターが描かれた1日乗車券・特別入場券・台紙・クリアファイルのセットで、発売額は1セット2500円。京阪カードのネットショップ「e-kenetマーケット」(2月13日10時から)と出町柳駅(2月19日6時から)で、限定1000セットを販売する。

叡山電鉄によると、新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてネットショップでの販売を優先し、出町柳駅での販売数が少なくなる場合があるという。

掲出期間の延長が決まった「生徒会Ver.」ヘッドマークのイメージ。【画像:叡山電鉄/(C)なもり・一迅社】

現在掲出中のコラボヘッドマーク(生徒会Ver.)は当初、1月31日まで掲出する予定だったが、当面のあいだ延長することに。終了時期は未定で、叡山鉄道は同社ウェブサイトで改めて案内するとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る