交通系ICカードが「入場券」に JR東日本「スイカ」の駅、エキナカ利用や送迎を想定

JR東日本は1月19日、交通系ICカードを事実上「入場券」として使うことができるサービス「タッチでエキナカ」を、3月13日から始めると発表した。

「タッチでエキナカ」で利用イメージ。交通系ICカードを入場券のように使うことができる。【画像:JR東日本】

駅構内の店舗(エキナカ)の利用や送迎などの目的で、在来線駅の改札内に交通系ICカードで出入りできる。利用できるのはスイカのエリア内にある在来線の駅の、ゲート型の自動改札機。簡易改札機と新幹線改札機では利用できない。新幹線改札内への入場は、引き続き紙の切符の入場券を購入する必要がある。

入場料金は紙の切符の入場券と同額で、電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円。入場時間は1回につき2時間に制限される。また、スイカ定期券の定期券区間内の駅や、IC企画券の有効区間内の駅では、このサービスを利用することができない。

関連記事

ページ上部へ戻る