東武東上線の志木駅にホームドア 朝霞駅も追加で設置

LINEで送る
Pocket

東武鉄道は1月8日、東上線の志木駅(埼玉県新座市)にホームドアを設置すると発表した。朝霞駅(同県朝霞市)でもホームドアの設置が完了する。

志木駅のホームドアのイメージ。【画像:東武鉄道】

志木駅は2月15日の始発から、4番ホームでホームドアの使用を開始。3月21日には3番ホームでもホームドアの使用を開始する。

朝霞駅は3・4番ホームのホームドアが設置済みで2019年3月から使用しているが、今年2020年3月14日の始発から1・2番ホームでもホームドアの使用を開始し、設置を完了する。

朝霞駅3番ホームのホームドア。【画像:東武鉄道】
ホームドアの設置計画。【画像:東武鉄道】

東武鉄道は本年2020年度末までにさらに3駅にホームドアを設置。2021年度以降も利用者が多い駅への設置を進め、合計40駅にホームドアを設置する予定としている。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る