特急「成田エクスプレス」がシェアオフィスに 両国駅「幻のホーム」で車内開放

LINEで送る
Pocket

JR東日本の千葉支社は11月18日、両国駅(東京都墨田区)に成田空港アクセス特急「成田エクスプレス」の車両を留置し、臨時のシェアオフィスとして活用する実証実験を行うと発表した。

総武本線を走る成田空港アクセス特急「成田エクスプレス」。【撮影:草町義和】

両国駅の「幻のホーム」と呼ばれる3番線ホームを使用。11月27・28日の2日間、「成田エクスプレス」で運用されている特急車両のE259系電車を、同ホームに留置する。両日とも10~16時の時間帯に車内を有料で開放し、シェアオフィスとして使えるようにする。

事前予約制・座席定員制で個々の座席の指定はできない。料金は15分100円。11月20日の12時からJR東日本のシェアオフィス予約サイト「STATION WORK」で予約を受け付ける。利用者にはパソコン画面のクリーナーとして使える「成田エクスプレス」ロゴ入りマルチクロスをプレゼント(数量限定)。両国駅の構内や周辺の店舗で利用できる特典も付く。

両国駅は総武線の各駅停車が停車する1・2番線ホームのほか、総武本線の快速列車が走る線路に接続している3番線ホームがある。同ホームはかつて房総方面に向かう特急・急行列車や荷物列車などが発着していたが、総武本線の東京駅乗り入れにより使用頻度が減少。2010年以降は臨時列車や団体列車がときおり発着するだけになり、「幻のホーム」と呼ばれるようになった。

一方で3番線ホームはレトロなデザインにリニューアルされ、近年はイベントスペースとして使われることが増えた。

両国駅の「幻のホーム」こと3番線ホーム。【撮影:草町義和】

千葉支社によると、同支社エリアの駅で11月27日以降、駅構内のシェアオフィスが順次開業する予定。その取り組みの一環としてE259系を活用した臨時シェアオフィスを開設することにしたという。

国際空港のアクセス列車である「成田エクスプレス」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で利用者が大幅に減少し、減便を実施。現在は朝と夕夜間に限り運転されており、車両の運用に余裕がある。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る